専攻科(1年制)

アスレティックトレーナー専攻アスレティックトレーナーコース、
AT医療特修コース対象
(公財)日本スポーツ協会公認「アスレティックトレーナー(JASA-AT)」の受験資格取得に必要な専攻です。数多くの現場実習を経験することで、より幅広く実践的な知識・技術を習得。また、AT試験の合格をめざし、試験対策授業にも力を入れています。

アスレティックトレーナー(JASA-AT)受験資格を取得するには

必要な日本スポーツ協会養成科目(共通科目 + 専門科目)と現場実習をすべてクリアすると、受験資格が取得できます。

SHATAIなら、豊富な現場実習で実践的なトレーナー経験を積める!

専攻科への進学後は、学内外でトレーナーとしてさらに実践経験を積み、自らの競技経験も活かすことで、より選手と心を通わせ、コンディショニングをサポートできます。

ATのおもな実習先

  • 社会人ラグビー
  • 社会人アメリカンフットボール
  • 大学ハンドボール部
  • 高校ソフトボール部
  • 高校サッカー部
  • 中学バスケットボール部
  • スポーツ整形外科・クリニック
  • 学内各クラブ(バスケットボール、サッカー、野球、水泳、バトミントン、テニス、ソフトボール、陸上など)
  • 各テニス大会トレーナー補助
  • 各バスケットボール大会トレーナー補助
  • アメリカンフットボール日本代表選抜体力測定補助
  • マスターズ甲子園ボランティアトレーナー
  • 各学生出身校クラブ(主に高校)での実習 など

Student's Voice

資格取得のノウハウと実践力、両方を習得できます!

専攻科に進んだ理由は、アスレティックトレーナーの資格取得に役立つ授業が充実しているからです。実際、資格試験の過去問題を数多く解く中で、出題の傾向や回答のコツもつかめてきました。現場実習を豊富に経験できるのも専攻科の魅力。現在はインターンシップ生として女子サッカーユースチームのウォーミングアップやストレッチングなどのサポートを担当しており、選手を相手にする中で実践的な技術を学べています。今後もこの恵まれた環境でしっかりと学び、測定、評価、アスレティックリハビリテーションなど、トレーナーに求められる技術をさらに高めていきたいです。

久ノ 純奈 さん
明浄学院高等学校(大阪)出身

AT教育プログラム

AT教育プログラムは現場実習に出るにあたって、1年生は1年間の学びの復習・現場での実践に向けたシミュレーション。2年生は、現状レベルの見直しとレベルアップを目的に学びます。また同年代の他校の学生と触れ刺激を受ける機会も設定。常に自分の課題を意識して学内外で繰り返し実践することで、1つひとつのスキルを着実に自分のものにできます。

主なプログラム

  • 卒業生講話
  • 実習講話
  • コンピュータ演習
  • ウォーミングアップとクールダウン
  • 救急処置
  • 実践栄養(食事・水分補給)
  • 競技別特性
  • 外傷・障害
  • テーピング
  • ストレッチ指導
  • トレーニング
  • 現場実習 ほか

※AT教育プログラムの内容は年度により異なります。

Internship Voice

現場経験を積んで、成長し、
自信をつけています。

SHATAIの学生さんには、私が監督を務める女子ジュニアチームの筋力トレーニングを、メニューの計画から指導まですべてお任せしています。選手たちとコミュニケーションをとって信頼関係を築きながら頑張っていますよ。最初は体のケアやケガ人のトレーニングだけだったのですが、学生さんの一生懸命な働きぶりをありがたく思っていたので、AT専攻科のインターンシップ先としてより深くかかわることをご提案いただいた時、こちらこそぜひ、とお願いしました。指導において、自信を持って説明できるようになったり、選手の様子に目が行き届くようになったりと、成長が感じられますね。プロになるには、現場での経験が何より大切。SHATAIでのこうした機会を活用して、しっかり力をつけてください。

小川 雅巳 監督 
コノミヤ・スペランツァ大阪高槻レディース
サッカーの名門、清水市立商業高等学校出身。選手として、また監督として数々のJリーグ強豪クラブを経験後、現職。