公的資格(公財)日本体育協会公認
アスレティックトレーナー(JASA-AT)の資格取得がめざせます!

アスレティックトレーナーコース

実践力を備えたトレーナーをめざし、
現場を意識した知識・技術を習得。

選手の健康管理や外傷の応急処置、予防対策といった基本的役割に加え、アスレティックリハビリテーションやテーピングなどの実践知識を備えたアスレティックトレーナーの育成コースです。スポーツ医学やスポーツ科学の専門知識や技能を習得し、スポーツの現場での活躍をめざします。

取得可能資格

  • (公財)日本体育協会公認
    アスレティックトレーナー(JASA-AT)
    ※専攻科進学者のみ受験資格取得/
    スポーツプログラマー
  • 健康運動実践指導者
  • トレーニング指導者 など

卒業後の進路

  • 企業チーム
  • トレーナー派遣会社
  • スポーツ施設トレーナー
  • リハビリ関係
  • クリニック関係 ほか

実習授業が豊富。専攻科への進学で、アスレティックトレーナーの受験資格を取得できます。

1 アスレティックリハビリテーション

スポーツ外傷などのリハビリテーションの基礎知識を学び、スポーツ現場でけがや病気が発生した場合の応急処置や、現場復帰までのトレーニング計画を正しく行う能力を養成。アスリートの早期回復・復帰を目標に、正しいリハビリの知識を習得します。


2 AT試験対策

アスレティックトレーナー資格の合格をめざし、これまで学んだ理論授業の集大成として、専攻科で理論試験の過去問題に取り組みます。また、総合実技試験に向け、ロールプレイングを取り入れ、傾向対策を行います。


3 専攻科で受験資格を取得

アスレティックトレーナーの受験資格を得るには、専攻科への進学が必要です。より本格的な現場実習で経験を積み、専門知識・技術を磨きます。

+1年(専攻科)で受験に必要な
カリキュラムをクリア!詳しくは

実技経験を積めるSHATAIだからこそ
将来の夢を叶えられると感じます。

1年目から専門技術を習得できるのがSHATAIの魅力! スポーツの試合現場での実習は貴重な経験ですし、解剖学でけがの予防・処置法を考えたり、テーピングは家でも練習したりして、徐々に上達していくのが楽しいですね。現場ですぐに役立つストレッチも、しっかり身につけたいです。けがで苦しむ選手たちを1人でも多く現場に戻してあげられるトレーナーをめざします!

所属コースを選んだきっかけ・理由

高校時代に所属していた水泳部でけがをしたとき、アスレティックトレーナーの方にリハビリをしていただいて現役選手に戻れたことがきっかけです。自分も選手を支えられるトレーナーになりたいです!

所属コースの魅力

マラソンやアメリカンフットボールなど、多彩なスポーツの現場でアスレティックトレーナーとして実習ができるところ。

※カリキュラムは変更される可能性があります。

草竹 啓多 さん 2年
羽衣学園高等学校(大阪)出身

宮原 恭樹 さん
[平成27年 第33期生]
長野日本大学高等学校(長野)出身
PEP Osakaにアスレティックトレーナーとして勤務

AT資格を取得している先生方が授業内外で指導してくれたことがとても勉強になりました。専攻科では毎日、クラスメイトが一丸となって試験対策に励んでいました。実技試験対策も協力して練習し、合格を勝ち取ることができました。

スタッフ全員がAT資格を持つ環境で
日々勉強しています。

幼少から野球をしていたことで、スポーツに関わる仕事がしたいと考えていました。現在はパーソナルフィットネスクラブで小学生から高齢者まで幅広い世代の方に、また派遣トレーナーとして高校や大学のチームで、トレーニングやウォーミングアップ指導をしています。1人ひとりの体の状態に合わせながら、いかにして効果を上げ、コミュニケーションをとってお客さまの満足度も上げられるか、研究が必要でやりがいがあります。こうした業務に、在学中、積極的に実習に参加し、指導の実践経験を積んだことが、活きています。将来はチームの専属やプロ選手のパーソナルトレーナーとして、野球に携わりたいです。

SHATAIの魅力

社会に出ても恥ずかしくない人づくりをしているところ。あいさつやマナーなど、授業内外であんなに細やかに指導してくれるところはないんじゃないかと思います。そのおかげで、今仕事で人間関係をしっかりつくれていますよ。

資格取得のための勉強法

とにかく毎日教本を読んでいました。特に専攻科に入ってから、休み時間も教本を覚えたり問題を解いたり、先生にもよく質問していました。実技は、放課後に仲間と練習しました。

アスレティックトレーナーとして
必要な能力は?

コミュニケーション力。特に今のパーソナルフィットネスクラブでは1対1で接するので、利用者さまの満足度にもより直接的に関わってきますね。いつも先輩を見て学んでいます