2024/05/02

『消防士に求められるスキルとは』

●チームで協力するためのコミュニケーション能力

消火活動や救命活動の際には常にチームで行動するため、コミュニケーション能力が重要です。

一人でも多くの人を救助するためにはチームの方針や出される指示に従い仲間と連携して活動にあたる必要があります。

的確な救助計画を立てるためには報告、相談を怠らず、迅速に指示を理解するコミュニケーション能力が必要です。

消防学校での集団生活には、常にチームで行動するための考えを養う意図があります。

●業務を遂行する体力

消防士になるには人を助けたいという気持ちだけではなく、実際に遂行できるだけの体力が不可欠です。

足場の悪い災害現場では酸素ボンベや防火服を装備し、要救助者を抱えながら動き回る体力が必要です。

火災の現場でも高熱に耐えながら消火、救助活動を行わなければなりません。

消防士は過酷な現場でも迅速に人命救助ができるように日々、トレーニングを行っているのです。

●過酷な現場に耐えることができる強い精神力

危険な状況を目の当たりにしてもパニックにならず冷静な判断で行動できる強い精神力が必要です。

恐怖や緊張、責任といった感情が沸いても安全な避難経路に誘導したり、救助が必要な人を特定したりと常に冷静に行動できる精神力が必要不可欠です。